禁煙5年経ったので禁煙成功の為の3つの方法を紹介します!

2019年10月6日

禁煙は本当に難しいです。

禁煙できるまでに、色んな方法を試しては、失敗を繰り返しましたが、今は自力で禁煙成功しています。

喫煙者の頃は朝起きた時、食後、休憩、飲み会、運転中、カラオケ、考え事・・・何をしててもタバコを吸ってしまい、私も1日2~3箱は吸っていました。

営業職なので、客先移動は車が多いので、絶えまなく吸っていたような気がします。

自分では気が付きませんでしたけど、車の中、洋服、髪の毛、口臭とたばこの臭いプンプンだったと思います。

今はやめてから5年経ち、何とも思いませんが、色んな禁煙方法を試しましたので参考にして禁煙チャレンジしてみてください!

 



 

喫煙で失うもの

「お酒とたばこは絶対に止めれない!」

ずっとこう思っていましたが、同僚達が次々禁煙を成功しており、自分にもできるのでは?と思ったのが禁煙のきっかけです。

禁煙の前にタバコを吸うと言う事を色んな視点で見てみましょう。

 

喫煙で失うお金

タバコには一体どれぐらいの費用が掛かっているのでしょう?

タバコを吸うときには、飲み物が欲しくなりますので、1日2本ジュースを買ってタバコを1箱買うとした場合。

 

1日:440円+240円=680円

1ヵ月:680円×30日=20400円

1年:20400円×12ヵ月=244800円

10年:2,448,000円

喫煙コストはなんと年間約25万円!最低これぐらいは掛かります。

年々金額が上がっているので、もっと増えますね。

1日では小銭で済みますが、毎月2万円のローン払っているのと同じですが、手元に物は何も残りませんし、年間25万あったら旅行、外食、趣味の物なんかを結構買えますよね?!

 

 

喫煙で失う時間

1本吸うのに3分必要として、1日1箱20本の場合

1日:3分×20本=60分

1ヵ月:60分×30日=1800分(30h)

1年:30h×12ヵ月=360h(15日)

10年:3600h=150日

ざっくり計算ですがこんな時間を、たばこを吸う時間に使ってるわけで、これで残業だ、休日出勤だって言っても、たばこを吸わない人は納得できませんよね。

 



 

 

喫煙場所を探す手間

ここ数年更に禁煙意識が高まり、喫煙できる場所が激減しています。

レストランも新幹線も全席禁煙今は居酒屋、喫茶店でも全席禁煙や分煙が普通になっていますし、ビジネスホテルは全館禁煙もあります。

タバコを吸う為に、禁煙の店を避け新幹線、飛行機で移動しても喫煙場所を探してウロウロ。無駄な時間が掛かりますね。

 

 

非喫煙者から見た喫煙者

自分の臭いは中々気が付かないものですが、

・ニオイが気になる。

・無駄に休憩している。

・副流煙の健康被害

・食事の時は料理がまずくなる。

 

こんな風に思われています。

昨今、喫煙者に厳しすぎる気もしますが、現実はタバコを吸わない人の比率が高いので民主主義では仕方ないです。

喫煙者は税金多く払ってる!と言わずに禁煙してみては??

 

  自力で禁煙3種の方法

色んな禁煙方法を試しましたので、紹介します。

どれかあなたに合う方法があるはずです!禁煙成功への道は必ずありますから。

 

①自己暗示による禁煙。

一番コストパフォーマンスが高い方法ですが、かなりの苦行で、とにかく自力で禁煙しますので、相当な強い意志が必要です。

飲み会、喫茶店、コンビニ喫煙シーンを見かける機会が多く中々の難易度かと思いますがこれで成功している人も多々。

意志の弱い人にはお勧めできません。

 

②市販の禁煙グッズ

 

ニコレット

1回目に禁煙をした時はニコレットでした。

吸いたくなったら、ニコレットをパクっと。少し辛味がありますが、慣れればOK、ニコレットは薬局で手軽に購入できますし、持ち運びも便利。

禁煙してますって感じも薄いですし、中々の禁煙グッズですが、デメリットは仕事中、事務所ではガムは禁止されていると思いますので注意が必要です。

 

 

 

ネオシーダー

ネオシーダはタバコの様なビジュアルで、たばこ同様火をつけて吸うもので、ネオシーダはタバコと違う独特なにおいがありますが、セキを沈め、タンを切るといった効能があるみたいです。

ニコレットと併用していましたが、何か昔の恋人を忘れられない奴みたいな気持ちにもなります。

 

※どちらも、個人差があると思いますので使用の場合は、十分注意して下さい。



 

③禁煙外来

禁煙外来は保険が適用される治療になり、禁煙外来に対応している病院は全国に沢山あり、禁煙外来は保険適用されますし、治療を受けやすい環境になっています。

流れは、診察をしてもらいますが、診察の時に誓約書を書きましたが、これは一度治療を受けて、挫折すると同じ治療は1年受けられない仕組みになっていました。

後は禁煙の宣言をする!だったと思います。

朝、夜と1錠薬を飲むだけで、最初の1週間は薬を飲んでから喫煙してもOKですが、2週目から禁煙&薬を飲みます。

薬がきつかったのか、朝、食事をせずに飲むと軽い吐き気がありましたが、薬を飲むとタバコがまずくなる吸いたくなくなる感じがします。

 

あんなに愛していた、たばこの事を忘れてしまう事が出来て、2か月ぐらいで薬もやめて現在に至ります。

 

禁煙外来費用は全部で2万円ぐらいでした。

 

本気で禁煙するなら、禁煙外来が一番のお勧めです!

 

強い意志で、喫煙していましたが環境が変化し、禁煙が主流となりデメリットが多くなり色々試した結果成功しました。

 


禁煙は失敗はつきもので、禁煙中も夢に出てくることも結構ありましたし、禁煙している自分が何か喫煙者を裏切ったような、何とも言えない気持ちもありましたね。

今は挫折しても、いろんな方法がありますので、自力禁煙チャレンジして浮いたお金で、美味しい物食べて欲しかった物買いましょう!

ちなみに私は趣味のギターを1本買いました。

⇒ギターの記事

 

【関連記事】禁煙方法、効果、離脱症状は?禁煙成功者が解説します!

 




↓こちらもお願いします!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

禁煙

Posted by mrt