営業資料に役立つパワーポイントの使い方。〜初級編〜

2019年11月7日

社内、社外に向けた提案資料。

以前は、手書き、パソコンで作って商談参加者分の枚数を印刷して、準備にも多くの時間を割いていましたが、最近では一人一人にノートPC、タブレットを持たされており、商談時にはそれを使って資料を見せながら、説明が出来るようになり非常に便利になりました。

便利にはなりましたが、資料を作るのは担当者の仕事には変わりありません。

資料の見栄えや内容で伝わる内容が全く違いますので、より良い資料を作れると良いですよね。

使えると便利なパワーポイントですが、使い方が良くわからず、部下に任せたり他の人の資料をそのまま使っていませんか?

自分の伝えたい内容は、自分で作るのが説明もし易いし、伝えやすいです。

まずは、文字、図形、の作り方からはじめてみましょう。

 

パワーポイントのページ設定の仕方

まずはパワーポイントを始めてみましょう。

 

デザインタブ

「デザイン」をクリックすると、ページの色々な設定ができますのでまずはここからスタートです。

 

スライドのサイズ

スライドのサイズをクリックすると、ページのサイズを変更する事ができます。

 

ユーザー設定のスライドサイズ

ここをクリックすると④が表示されますので縦、横、スライドサイズ、A4なのかA3なのか作りたい資料に合わせて変更しましょう。

⑤では資料の背景デザインを変更できますのでお好きなデザインに変更し、デザインに合わせて、文字色も変わりますが背景色に合う文字色のチョイスが必要です。

 

このチョイスで資料の見栄えが変わりますし伝わり方も変わってきます。

 

これでページのベースが完成します。

 



 

 

文字入力の仕方

次に文字入力をしてみましょう。

 

挿入タブ

挿入タブをクリックするとこの画面になり文字や図形を挿入することができます。

 

テキストボックス

ここをクリックすると、③の様に縦書き、横書きの選択ができて、選ぶと④がページ上に出てきて文字を入力することができます。

 

右クリック

何も無い白紙部で右クリックすると、この様な画面が出てきますので、グリッドとガイドを選択して垂直、水平方向のガイドを表示させると文字の位置を決めるのに、楽になります。

 

試しに適当な文字を入力してみましょう。

 

入力した文字の大きさや、フォントも変更してみて、どんなフォントがあるかも
確認してみましょう。

 

フォントの変更は、ホームタグをクリックすると変更する項目があります。

 

図形入力の仕方

文字だけでは無くて、図形も表示できます。
文字と図形の組み合わせで、見やすい資料を作成していきます。

 

挿入タブ

文字入力と同様、挿入タブをクリックして②図形をクリックしてみましょう。

④のとおり〇の図形を選択したら⑤のように、ページに〇が出てきます。

 

図形を変更

色を変えたり、大きさや立体的にしたり色々図形を変化させることができます。

取り合えず、どんな変更ができるかを色々試してみてください。

 

 

サンプル

それでは、簡単に文字と図形色を変えて、図形の効果を変更した参考例を作ってみましょう。

 

 

どうですか?

 

同じものが作れましたでしょうか??

 

色、フォント、サイズを変更して伝わる資料作りをしてみましょう。

 

 

今回は初級編でした。

次回は資料を作る時の注意点等々を、考えながら資料作りのサンプルを作ってみようと思います。

 

【関連記事】中間管理職が教える「伝わるパワポの資料」を効率よく作る5つのポイント。

【関連記事】パワーポイントで会社案内を作ってみよう。【サンプルイメージ有り】

【関連記事】営業用資料の見栄えが変わるパワーポイントの使い方~応用編~

【関連記事】パワーポイントでPOPや飲食店向けメニューを作ってみよう。【サンプル画像あり】



 

↓こちらもお願いします!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

パソコン

Posted by mrt