定時退社する為に中間管理職が実践している仕事を終わらせるコツ。

2019年10月30日

生活する為には、お金が必要ですから、だから働いています。

毎日働きながら、ふとこんな事を考えてしまうことがあります。

「みんな仕事が好きなんやろか?」

私ははっきり言いきれます。

「何よりも嫌いです」

でも働かないとメシ食えませんしね。

周りには、毎日遅くまでサービス残業し休みも出勤して働き続ける人もいますし、子供とも、奥さんとも会話もなく働くマッシーンとなりお金を家に入れその見返りに家事、育児を奥さんに任せ、会社の為に身を粉にした人生。

サビ残、休出、社畜、ブラック企業言葉は違いますが、同じ気がしますね。

こんな生活は私は無理ですね。

まぁ一応会社では管理職なので仕事はちゃんとしないといけませんので、どうしたら仕事を好きになれるのか、考えてみようと思います。

【関連記事】従業員の副業が解禁?!終身雇用の終焉と働き方改革。

【関連記事】有給休暇が取得の義務化

【関連記事】ワークライフバランス実践

 



 

 

仕事が嫌いな理由

好きになるには嫌いな所を認識しないと対策を考えられません。

まずは、仕事が嫌い、嫌な理由を考えてみましょう。

 

仕事は拘束時間が長い

定時では8時間ですが、定時ピッタリで帰りたいけど、立場上部下や周りに気を使わないといけないので、帰りたいオーラ消してじっと待ちます。

始業時間に遅れると遅刻になって、なんらかのペナルティがある会社もありますが、終業時間はきっちり守られず、何かこれに腹が立ちます。

 

仕事の付き合いがウザい

先輩、上司を持ち上げ、部下や他部署には気を使い、飲み会があれば参加し、管理職だと言う事だけで余分にお金を払わされ、客先の接待には駆り出され、休みの日には上司のゴルフの誘いを丁寧に断り嫌味を言われ、クタクタです。

休みは自分の為にすべての時間を使いたいのです!!

 

仕事の結果を求められすぎる

そんなにいつもいつも良い結果は出せません!売上は水物ですから。

部下の成長、チームの結果、成果どうなっているんだぁ~!

もっと色々ありますが、代表例です。

 



 

 

定時に仕事を終わらせるには

仕事で大切にしている事は2個です。

 

定時に終わる為に効率良く働く

これです。

営業していると、データー管理、処理が多いのでPCスキル、特にエクセルはかなり勉強しましたね。

 

こんな集計できないかな?

 

と頭に思いつく事はほとんど計算式で集計出来ます。

ネットで調べれば、ほぼ完了です。

他には、客先ランク分けして相応の訪問回数にして、全体の移動を減らす。

あとは、移動時は混雑を避けるルートでアプリ使うと簡単に調べられますし。

移動時間も重要で、携帯でネットもいいですけど、資料、商談の内容を頭で考えて、仕上げておく時間にします。

 

 

仕事の基本は「やってる感」

がむしゃらに働いて、結果を出せば良い評価をもらえるでしょうけど、うまく立ち回れば、最小限の努力で最大限の結果を出せます。

これこそが仕事の本質ではないでしょうか。

例えば、会議で資料作る事があると思いますが、これをパワーポイントで作ることが多いですが、使いこなして見栄えのする資料でプレゼンなんかもやってる感の代表です。

 

 

ただこれを作るのに時間を使い過ぎると効率が悪いので、取引先のプレゼン資料やブログ、HPなどを参考にしてデザインすると見栄えの良い資料ができます。

 


 

自分なりに対策をして日々過ごしています。

でも本音は

 

「お金があれば仕事なんて」

と思いながら宝くじ買ったり

 

「お金があれば仕事なんて」

と思いながら投資信託したり

 

「お金があれば仕事なんて」

「お金がいるから働こ・・」

 

こんな繰り返しです。

【関連記事】ダイエットでもいかがですか

 



↓こちらもお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 課長(課長クラス)へ
にほんブログ村

管理職

Posted by mrt