海釣りは初心者にもお勧めです!日頃の溜まったストレスは趣味で発散!

2019年7月20日

仕事にプライベートにストレスが溜まることが多いですよね。

今回は初心者向けに、海釣りに必要な道具も紹介しておきますので、参考にしてみてください。

手軽に家族連れ、恋人同士で出来るストレス発散の海釣りはお勧めですので、いつもより少し早起きして海へ出かけてみましょう!

【関連記事】40代趣味が無くて趣味を見つけたい人!屋外で出来るこんな趣味はどうでしょう??

【関連記事】海釣日誌①も是非ご覧ください!

【関連記事】海釣日誌②も是非ご覧ください!

 



 

 

初心者向け必要な道具

タックル

タックルというのは、釣り竿、リール、釣り糸、仕掛けといった魚を釣る道具一式の事です。釣りしよう!って思った時に一番最初に思いつく道具ですね~。

 

最初は釣り竿、リール、釣り糸がセットになっているものが売っていますので、それで十分ですのでお勧めです。

 

 

こんな感じで竿とリールのセットが売っています。

 

 

サビキ釣り用の仕掛けがセットになったものもあります。

 

 

 

 

子供向けのセットもありますよ。

 

 

 

水汲みバケツ

釣った魚を入れて置いたり、えさを触って汚れた手を洗ったり、氷締したり、血抜きしたりと、タックルと同じくらい必要なものです。

ロープ付きの物じゃないと、防波堤から海の水汲めないので注意してください。

 



 

 

こんなおしゃれなデザインの水汲みバケツもあります。

 

 

最初はこんな安いもので十分です!

 

 

仕掛け


 

釣り針と糸がセットになっているものです。リールに巻いてある糸にこの仕掛けを取り付けて、魚を釣ります。

 

最初はサビキで釣りを始めるのが良いですね。アジ、イワシ、小鯖、底に行けばガシラ、ベラ、アイナメなんて根魚も釣れたりしますから、結構楽しいです。

 

サビキ仕掛けはこんな感じです。この仕掛けの一番下に付いているサルカンにサビキかごを取り付けます。

 

餌を入れるサビキかごはこんな物です。

 

他にもいろんな仕掛けがありますけど、まずはサビキから始めてみましょう!

 

 

クーラーボックス

釣った魚を持って帰るときに必ず必要です。せっかく新鮮な魚を釣るんですから、しっかり冷やして鮮度を保って持ち帰りたいですよね。

ピンからキリまでありますけど、サビキでアジとかの五目釣りするなら、コンパクトで安いものでで十分です。

 

これはちょっと良いものですが、座っても大丈夫な構造になっていますのでのんびり座って釣りする派の人は良いかもしれません。



 

最初はこんな感じの、ジュースを冷やす用のローコストモデルで十分です。慣れてきて欲しくなったら、大きいちゃんとした物を購入するのが良いです。

 

 

その他小物

仕掛けを入れておく入れ物とかいろいろあるので紹介します。

 

まずはハサミです。糸を切ったり、虫エサが苦手な人なんかは、長い虫エサをカットしたりと必ず持っておきたいアイテムです。釣具屋さんにも色々売っていますが、必ずステンレス製にしてください。海水であっという間にで錆びてしまいます。

 

 

魚バサミです。樹脂製で先がギザギザになっていて魚を挟めるようになっています。小さいアジでも結構吊り上げると暴れますし棘のある魚、棘に毒がある魚とかも釣れる事があり、素手では危ないこともありますので、必ず購入しておきましょう!

 

キャリーカートもあった方が絶対に良いです。クーラー、仕掛け、釣り竿、バケツ等々、釣りするには結構な量の荷物になりますので、これに積んで移動が楽です。

 

 

大人も特に子供は必ずこれを着ておきましょう。たまに小さい子供連れでライフジャケット着せていない親御さんがいますけど危険ですから絶対にやめましょう。子供の動きは予想できませんし、何が起こるかわまりません。

 



 


 

 

とりあえずこれぐらいあれば、後は釣りに行く前に釣具屋さんで餌と氷を購入して、海へ向かうだけです!

釣り場もしっかり調べて、特に子連れの場合は、海釣り公園の様に安全な所で釣りをするのがお勧めです。

 

釣りはいつ行くのが良いか

仕事や学校が休みの日が前提ですけど、いつ行っても釣れるわけではありませんし、せっかく行くならより釣れる確率が高い時が良いですよね。

魚にも活動する時間、食事の時間がありますのでその時を狙っていけば、より釣れる確率が上がるということです。

 

 

時間帯

朝マヅメ、夕マヅメと言って、まぁ魚の朝御飯、晩御飯の時間帯ということです。

朝マヅメというのは、夜が明けて明るくなり始めた時刻から、日の出までの時間で、夏場なら4:00~7:00ぐらいです。 夕マズメは朝マヅメとは逆で陽が落ちる頃です。

 

いずれも魚が活性化しエサを摂る時間なので、釣れる確率はかなりアップします!

 

潮の状況

後は潮がどんな状態かを確認しておきましょう。

潮見表で確認するのですが、携帯アプリでも確認できます。

参考ですけどこの日なら大潮になっていて、朝マヅメなら満潮が6:08ですから、その前後1時間ぐらいが狙い時で、夕マヅメなら満潮が19:16なので、同じくその前後1時間ぐらいがお勧めです

所説ありますので、自分の経験で潮を見極めるようにしましょう。

自分の経験では、やっぱり大潮の時が一番いい気がします。

子供連れで行く場合は、夜釣りは暗くて危険が多いので、朝早起きして、朝マヅメ狙いが良いと思います。

慣れてくれば夕マヅメも良いと思います。朝と夜では釣れる魚も違ってきますので

 

今回の釣果は!

今回は胴付き(シラサエビ)、サビキで朝マヅメにチャレンジしてきました。

さてさて、今回の釣果はどうだったでしょう?!

 

 

ウマヅラハギ6匹、タナゴ1匹、ちゃりこ1匹、アジ15匹、朝5時から9時までで、これだけ釣れました!

アジは簡単に良いおかずになりますから、うれしいですね~。

晩御飯のおかずには十分です。ウマヅラハギの刺身は最高でしたよ!



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

釣り

Posted by mrt