出世する人が実践する共通する行動パターンを紹介します。

2019年11月10日

会社で働く以上は、出世をしないと中々給料も増えませんし、生活も楽にはなりません。

日々の業務にどう取り組めばよいのか?どんな人が出世できるのかを考えてみましょう。

 

【関連記事】独学でビジネス実務法務検定に合格した勉強方法

【関連記事】独学で貿易実務検定C級に合格した勉強方法

 



 

 

出世する為の行動

出世する人には共通した行動があります。

出世する人は明るく元気に過ごしている

無理に大きな声や、笑顔にする必要はありませんが、電話も、会話も小さい声で覇気が無いと周りの人も暗~い気持ちになります

周りを明るくする人には人が集まって、良い噂を広めてくれます

それが上層部に伝わって気にかけてくれる様になり、ポストが空いた時に候補に挙がりますし、ちょっと日々の行動を変えるだけですから、まずはこれから取り組んでみてはどうでしょうか?!

 

 

 

 

出世するには厳しく正確な判断

優しいだけではチームや部署の目標を達成する事は出来ません。

時には難しい、厳しい判断をする時がきますので、その時にしっかりとした判断が出来なければ出世街道に乗る事は無理でしょう。

自分の判断軸をしっかり持って、ブレない判断が周りの信頼を得る事に繋がります。

 

【関連記事】営業職の仕事とは?

 

 

出精するには目先だけで無く先を考える

営業なら今月、今期の売り上げ目標の達成が最重要課題ですが、3年後、5年後の事も考えながら日々活動をしていないと年々厳しくなってきます。

将来のビジョンを持っていないと、何を学ぶべきか、どんなスキルを身に付ける必要があるのかがわかりませんし、去年と同じ事しか出来ない人は出世できるわけもありません。

直近の売り上げも大事ですが、並行してもっと先の事を考える能力も必要です。

 

【関連記事】新規開拓営業のコツとは

 

 

出世したいなら環境変化に順応しよう

環境の変化に適応できる者だけが生き残れるのです

いつまで経っても同じ思考、同じやり方で新しい事に取り組まない人は、出来ない人と判断されていきます。

時代は流れて、どんどん変化しています。その流れについて行き、新たな流れを作る人が出世をするのは当たり前の事です。

 

 

出世する人は数字に強い

数字に弱いと判断軸がぶれてしまいます。

色んな判断をするには、過去の実績や、今後の需要、売上、在庫、経費等々すべてを数値化した物をエビデンスとして判断するからです

データー分析できず、感で動いている人は次のステップには上がれませんし、そんな人が出世してしまうと、間違った判断をする可能性が非常に高いです。

 

 

 

会社全体の事を考え判断できれば出世する

自分の事、チームの事を考える事も大切ですが、会社全体にとって良いか悪いかの判断が出来る事も大切です。

出世をすれば必然的に会社全体についての判断をする時がきますので、今の内からその様な判断が出来るように、鍛えておけばより出世の確立も高くなります。

 


出世する人しない人の差は、本当にわずかな差だと思います。

誰でも出世したり降格したりする可能性があります。

出世がすべてでは無いですが、サラリーマンとして働く以上は、生活水準を上げる為には出世、昇給するしか無いですから。

昇格していけば、自分の意見も通りやすくなりますし、今まで不満だったことを解消する事もできます。

無理せず、効率よく、出世を狙ってみましょう。

 

【関連記事】部下はこうやって育てよう

 



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

管理職

Posted by mrt