【小田さんファン必見】小田和正ソロアルバム。プチ情報付きで紹介します!1996年~2001年

2019年5月6日

 

小田和正さんはオフコース解散後も、精力的にアルバムをリリースしていましたが、ある事をきっかけにオリジナルアルバム制作を6年半止めてしまします。

 

【関連記事】きっかけとは?

 

この間に違うアプローチでアルバム制作をして、後にリリースするオリジナルアルバムにも影響していきます。

 

今回はオリジナルアルバムを止めていた間から、再度オリジナルアルバムをリリースするまでの小田和正さんのアルバムを紹介します。

 



 

LOOING BACK

 

1996年2月1日

1. 君との思い出
2. 昨日 見た夢
3. もっと近くに
4. 緑の日々
5. Yes-No
6. 風に吹かれて
7. 愛を止めないで
8. 夏の終り
9. やさしさにさようなら
10. 秋の気配
11. 僕の贈りもの

 

1993年にリリースしたシングル曲のカップリング曲として、オフコース時代の曲「緑の日々」をセルフカバーした事をきっかけに、小田和正さん本人が納得していない楽曲を取り上げました。

 

鑑賞に堪えうる部分に引っ張り上げるのがコンセプトのアルバムです。

 

原曲とは全く異なるテイストにリメイクしながらも、元の良さを消さず全曲に大胆なアレンジを施したセルフカバーアルバムです。

 

当時はセルフカバーアルバムは珍しく、今はセルフカバーアルバムというジャンルの元になっていると思われます。

 

「このアルバムは売れたんだよね。みんな過去の曲に思い入れがあってオリジナルアルバムはリスクが高い」と言っていました。

 

 

 

伝えたい事があるんだ

 

1997年11月21日

1. 緑の街
2. Little Tokyo
3. 君にMerry Xmas
4. 恋は大騒ぎ
5. Oh! Yeah!
6. ラブ・ストーリーは突然に
7. あなたを見つめて
8. いつか どこか
9. そのままの 君が好き
10. 風の坂道
11. 真夏の恋
12. so long my love
13. 君との思い出
14. 遠い海辺
15. 伝えたいことがあるんだ

 

Little Tokyo以降のソロシングルを収録した、シングル総集編のアルバムで、1曲目以降はリリース順に収録されています。

 

単に収録しているだけではなく、曲によっては楽器、ボーカルの再レコーディングを施しています。

 

LOOKING BACKの音楽作りが影響していたのかもしれませんね。

 



 

個人主義

 

2000年4月19日

1. 忘れてた 思い出のように
2. また、春が来る
3. the flag4. woh woh
5. 青い空
6. 君たちを忘れない
7. はるかな夢
8. 19の頃
9. こんな日だったね
10. 風のように
11. とくべつなこと

 

6年半オリジナルを止めていましたが、遂にオリジナルアルバムをリリースすることになります。

「契約があるから他のアイテムではごまかしが効かなくなったのかな?」と小田和正さんは振り返ってはいましたが、「LOOKING BACK」を作った事で色々思うこともありこのアルバムに影響しているようです。

 

久しぶりにリリースされたアルバムでしたが、6曲もタイアップされタイトル通り小田さんの力を見せつける名アルバムに仕上がっています。

 

LOOKING BACK2

 

2001年5月16日

1. 風の街
2. 夏の別れ
3. she’s so wonderful
4. 愛の中へ
5. 言葉にできない
6. さよなら
7. あなたのすべて
8. こころは気紛れ
9. 愛のうた
10. もう歌は作れない
11. 君住む街へ

 

初登場1位、首位獲得最高年齢を記録したセルフカバー第二弾です。

 

名曲「さよなら」は周りからの要望ではなく「自分自身で売れると思って(笑)」収録する事を決めたようで、アレンジの賛否も「みんなでこの曲を語れるのが良い」又、色んな意味で独り歩きした曲とも話しています。

 

「あなたのすべて」は前からリメイクを考えていて「もう歌は作れない」はもう少ししっとり作れ「君住む街へ」は原曲は前のメンバーと分けて歌っていた「言葉にできない」はライブの時に良かった感じを生かしたと話しています。

「言葉にできない」は今でもCMでよく聴きますが、歌詞は別れの歌なんですけど、

 

~あなたに会えて本当に良かった~

 

の所を流しているので、出会いに感謝的なイメージになっていますよね~。

 

この曲は楽曲のメインであるサビの歌詞を「ラ~ラ~ラ」としている所も斬新で、名曲となる要因かもしれませんね。

 


 

これ以降小田和正さんはオリジナルアルバム、ベストアルバム等々を精力的にリリースし「クリスマスの約束」でテレビで歌ったり、若いミュージシャンとコラボしたり、全国ツアーをしたりと、今までと少し違ったアプローチになっていきます。

 



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

音楽

Posted by mrt