山崎まさよしさんがアルバムで使用しているギターを紹介!

2019年6月18日

アコギ弾きなら一度はコピーしようとチャレンジした事があるでしょう、山崎まさよしさん!いろんなアルバムをリリースしていますので、プチ情報を付け加えて紹介したいと思います。

 



 

1996年-1997年

アレルギーの特効薬

 

1.月明かりに照らされて
2.窮鼠猫を噛め
3.心拍数
4.中華料理
5.週末には食事をしよう
6.坂道のある街
7.アレルギーの特効薬
8.パンを焼く
9.関係ない
10.妖精といた夏
11.根無し草ラプソディー

 

■使用ギター

Gibson J-45(1957年製)etc

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Gibson J-45 1952年製【ヴィンテージ】【ギブソン】【J45】
価格:799200円(税込、送料無料) (2019/6/18時点)

楽天で購入

 

 

「天才より凄い奴!デビュー」とこのアルバムでデビュー。

ライブでも良く演奏される楽曲が収録されていて、デビュー曲の「月明かりに照らされて」はもちろんの事、ライブで早口言葉で楽しませてくれる「パンを焼く」、後にご当地バージョンをリリースする「心拍数」ライブでのアコギアレンジカッコいい「根無し草ラプソディー」等々を収録しています。

 

ブルースをルーツに持っている感を出しつつ、まさやんカラーのアルバムです。

 



 

 

STEREO

 

1.ツバメ
2.セロリ(prototype)
3.ただ ただ・・・
4.Mr,Spell Man
5.ステレオ
6.ふたりでPARISに行こう
7.コイン

 

■使用ギター
Gibson J-45(1957年製) JAMES GOODALL(1989年製) NATIONAL GUT MODEL etc

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

James Goodall 《ジェイムス・グッダール》 Traditional D w/L.R.Baggs Lyric
価格:756000円(税込、送料無料) (2019/6/18時点)

楽天で購入

 

 

 

全ての楽器を自分一人で演奏し、もちろん作詞、作曲、ボーカルもすべて、まさやんが自作自演で録音したアルバムです。

 

「ツバメ」イントロ部のカーテンを開ける音、雑踏音は自宅で録音した音をそのまま曲のイントロに採用しています。

 

「セロリ」は97年にSMAPがカバーしてるので、超有名曲ですが、まさやん自身は唯一の有名曲と話していました。

 

「ただ ただ・・・」のボトルネック演奏「コイン」のギターなんかは、まさやんをコピーしようとした人は一度は弾いてみた曲では無いでしょうか?

 



 

 

HOME

1.Fat Mama
2.アドレナリン
3.セロリ
4.ベンジャミン
5.スクリーミン’97
6.名前のない鳥
7.コペルニクスの卵
8.僕らの煩悩
9.昼休み
10.One more time,One more chance
11.ヤサ男の夢
12.HOME

■使用ギター
Gibson J-45(1957年製) L-0(1936年製) SJ(1959年製)Martin D-18 VGguitar YAMAHA EPIPHONE etc

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Gibson Gibson L-00 Vintage [Vintage Sunburst] 【アコースティック】【アコギ】【G-CLUB渋谷】
価格:483840円(税込、送料無料) (2019/6/18時点)

楽天で購入

 

 

【関連記事】まさやんギターコレクション

 

名曲「One more time,One more chance」が収録されたアルバムで、まさやんカラー全開のアルバムです。
「One more time,One more chance」は当時良く有線やFMで流れていましたので知っている人も多い曲です。

 

「Fat Mama」「セロリ」のライブ演奏Ver.は最初観た時はどうやって弾いているのかさっぱりわからず、感動的でしたね~。まぁ今も完コピは出来ていませんが。

 

「スクリーミン’97」は歌無しで、ギターのみですが、カッコいいのでコピーしようと挑戦していましたが、これもなんとなくそれっぽい弾き方が限界でした。

 

使用されたギターもかなり増えていて、後々ライブで弾きまくっているGibson SJや、バラード系で良く使われているGibson L-0等を入手したのもこの頃です。

 


今聴いても色褪せず、カッコいいアルバムです!

この頃のアルバムはブルース、アコギ全開のアルバムで、アルバムでの演奏と、ライブでの演奏が全く違って、ライブVer.がめっちゃカッコいい曲ばっかりです。

 

アルバム聴いて、ギター始めてみませんか~!?



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

音楽

Posted by mrt