エピペンを知って正しく使えば、アナフィラキシーショックから救う事が出来ます。

2019年10月11日

食物アレルギーで一番怖いのが「アナフィラキシーショック」で、症状によっては生死にかかわることもあります。

重度のアレルギーの患者さんは「エピペン」と言う薬を持っています。

身近に重度の食物アレルギーの人もいて病院で「エピペン」の練習もした経験もあります。

正しく使い方を理解して、アレルギーの知識を持ってみましょう。

【関連記事】秋の花粉症にも注意が必要です。秋なのに鼻がムズムズしたら花粉症かもしれません

 



 

 

食物アレルギーとは

食物アレルギーの人が身近にいない人は詳しくは知らないと思いますが、症状によっては命の危険にさらされることもある重大な事なのです。

無知な人はただの好き嫌いぐらいに思っている人もいるようですが、生まれ持ったもので、気合や我慢で耐えられるわけではありません。

 

この系列店で絶対食事はできません⇒ステーキけん・暴言社長

 

体内には有害な細菌やウィルス等の病原体から体を守る「免疫」と言う働きがありますが、食物アレルギーはこの「免疫」が無害な食べ物に対して過敏に反応し、様々な症状が起きてしまいます。

 

【関連記事】食物アレルギーでも外食したいけど、認知度ってまだまだですね。

 



 

 

 

食物アレルギーの症状

食物アレルギーの症状は人によって異なり、体の色んな箇所に様々な症状を引き起こし軽度な物から重度な物まであります。

人によりますが、アレルギー物質を摂取して30分~1時間で症状が出始め、遅くても2時間以内には症状が出てきます。

 

 

皮膚・粘膜症状

顔周りでは、目が充血したり、涙目、目の周りのかゆみ、口の中がかゆくなったり、舌がピリピリ違和感が出たり唇が腫れたり口の周りが赤くはれたりもします。

皮膚全体では、蕁麻疹が出たり、かゆみ、赤くなったりむくんだり、蕁麻疹は皮膚の柔らかい所に出やすいので、太ももの内側や、二の腕の内側に出たりします。

 

 

消化器症状

お腹が痛くなり下痢をしたり、吐き気がしたり、嘔吐、血便等々の症状があり、嘔吐した時はアレルギー物質が体外に排出されますので、嘔吐後は症状が治まる事もあります。

 

 

呼吸器症状

咳がでたり、息が苦しい(呼吸困難)、喘息の様な症状、のどが締め付けられるような感じがしたり、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなんかは花粉症の代表的な症状です。

花粉症もアレルギーです。

 

 

神経・循環器症状

元気が無くなったり、意識が朦朧、尿・便を漏らす、脈が乱れる、チアノーゼ、血圧低下などの症状。

 



 

 

アナフィラキシー

 

この症状が出た時が一番危険です。

アレルギー症状が前述の1こだけではなく複数を発症し、しかも強い症状が現れてしまいます。

急激に血圧が下がったり、呼吸困難に陥ったり、意識障害を起こし、命にかかわる危険性がある非常に危険な状態ですので、アナフィラキシーショックになった場合は、迅速な対応が必要になります。

 

 

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

アレルギー食物を食べた後に運動をしたことで、アナフィラキシーショックを引き起こす事もあります。

摂取後運動する事で、腸管が上下しアレルギー物質の吸収が高まる事で発症してしまいます。

中学生に多く発生しており、放課後アレルギー食物とは気付かず買い食いをした後、部活をするという生活スタイルに寄与しているのかもしれません。

 

 

 

 

エピペンとは

HPより引用

エピペンは、アナフィラキシーがあらわれたときに使用し、医師の治療を受けるまでの間、症状の進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐための補助治療剤(アドレナリン自己注射薬)です。
あくまでも補助治療剤なので、アナフィラキシーを根本的に治療するものではありません。エピペン注射後直ちに医師による診療を受ける必要があります。

 

アナフィラキシー発現から心停止まではわずか30分とも言われていますので、繰り返し嘔吐したり、チアノーゼ、脈が不安定、便を漏らす、意識朦朧などの症状があれば、躊躇なくエピペンを使用しなければなりません。

 

アレルギーの人が身近にいない場合は、エピペンを見た事もなければ、使い方も知らないと思いますが、エピペンの存在を知る事で、アレルギーの事も知る事が出来て、万が一アナフィラキシー症状が出た人と遭遇した時に対処が出来ると思います。

 

⇒詳しい使い方はコチラです



 

 

 

アレルギー表示の義務

食品表示法では食物アレルギーの症状を引き起こす事が明らかな食品の内、発症者数や重症度の高い7品目の表示を義務付けています。

 

表示義務のある特定原材料7品目

えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生

 

表示推奨の特定原材料に準ずる20品目

あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、 牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

 

 

自分の場合、いつも買う時には細かくチェックしているつもりですが、たまに見逃してしまって食べさせてしまい、アレルギー症状出てしまった事があり、少量でしたので大事にはなりませんでしたが、加工食品を購入する時は、必ずチェックが必要ですし、複数人でダブルチェックが必要ですね。

 

【関連記事】食物アレルギー品目をHPで公開している和食店の掲載ページまとめてみました!。和食編

【関連記事】食物アレルギー品目をHPで公開している中華・ラーメン店の掲載ページまとめました!

【関連記事】食物アレルギー品目をHPで公開している洋食店の掲載ページ纏めてみました。

 


食物アレルギーは外食、子供の場合は学校給食、買い食いなどでアレルギー反応を起こしてしまう可能性があります。

アレルギーの病院に行っても、医者によって意見は様々ですし、何件も病院に行きましたが「アレルギー食物の入っていない店で外食したら?」とか「アレルギー物質の入った食べ物を少しずつ食べさせろ(具体的な期間、量は教えてくれず)」といった無責任な発言をされた事もありました。

 

食物経口負荷試験といって少量づつアレルギー食物を食べて食べれる上限を見極め、少しづつ増やしていってアレルギー食物に慣れさせる治療があるのですが、これも「途中で嫌がって継続しない事が多いから」とか「治るかどうかわからないけどしますか?」みたいな事を言われたこともあります。

何件も病院にいって今は良い先生と病院が見つかったので良かったですが。

こんな苦労せずに良い病院が増える事を願っています・・・・

 

 



 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

アレルギー

Posted by mrt