下痢・便秘を治すには腸内環境を整えよう!朝食に豆乳は効果あり。

2019年8月2日

便秘もつらいし、下痢もつらい・・・何となくいつも腸の調子が良くない人多いですよね。

他にも胃腸風邪、胃腸炎と胃腸の病気は色々ありますが、病気になる前に腸内環境を整えて、病気になりにくい体を作るにはどうしたら良いのでしょうか??

 

【関連記事】食中毒予防の原因・症状・予防・対処方法!危ない季節はいつ?

 



 

腸内環境が悪化すると出る症状

腸内環境が悪化すると、胃腸炎、胃腸風邪といった病気になってしまったり、免疫力が低下して病気にかかりやすくなったり、便秘や下痢、吹き出物が出たりと色んな症状が出てきます。

他にも潰瘍性大腸炎、クローン病なども腸内環境の乱れによっておこる病気です。

更に腸内環境が悪くなると、腸の働きが弱まり、太りやすく痩せにくくなってしまいます。

 

腸内環境の改善には、乳酸菌が良い!食物繊維を取りましょう!と言いますが実際はどうなのでしょう??

 

 

腸内環境の改善方法

腸内の細菌を知ろう

腸内には色んな菌が居ますが、善玉菌と呼ばれる「ビフィズス菌・乳酸菌」、日和見菌と呼ばれる「バクロイデス・大腸菌」、悪玉菌と呼ばれる「ウェルシュ菌・フラギリス菌」といった菌が存在しています。

全部善玉菌になれば良い様に思いますが、実はバランスが大切でベストな比率は、「悪玉菌:1割」「善玉菌:2割」「日和見菌:7割」が良いとされています。

単純に善玉菌を増やすのではなく、腸内に善玉菌、悪玉菌を含め多種多様な菌が存在いする事が大切なのです。

悪玉菌は悪い影響を及ぼしそうですが、免疫機能を高めたりする機能もあり、「必要悪」なのです。

 

 

腸内細菌の状態を知る事は出来る?

研究レベルで知る事は可能で、便や内視鏡で採取したサンプルから遺伝子を抽出し、遺伝子解析装置にかけ腸内フローラのパターンを調べる事で腸内細菌の状態を知る事が出来ます。

腸内環境を調べてくれる「腸内細菌検査キット」と言う物があり、便を送れば腸内環境を調べてくれるマイキンソーと呼ばれるもので、遺伝子検査装置でDNA解析を行って、結果を送り返してくれます。(費用20,000円程度)

 

腸内フローラとは?

腸内細菌が群生している様子がお花畑の様に見える事から、こう呼ばれています。



 

 

腸に良い事・悪い事

 

ヨーグルトを食べる事は腸に良い?悪い?

基本的にはヨーグルトは体には良いのですが、たくさん食べればよいというわけではなく、乳酸菌やビフィズス菌は様々な種類があるので、どれが自分に合うのかは食べてみないとわかりません。

どんな菌が入っているか調べて、同じものを食べ続けて効果があれば自分に合っている事になりますので、一つの種類の菌を2週間程度続けて様子を見てみましょう。

よく使われている乳酸菌は、「L-137:感染症にかかりにくくなる」「L-92:アレルギー緩和など」があります。

 

 

腸内環境を改善する食材

納豆やぬか漬けにも乳酸菌が豊富に含まれていますし、「ゴボウ」「ひじき」「アーモンド」「バナナ」は食物繊維を多く含んでいますし、「大豆」「アスパラガス」「たまねぎ」「はちみつ」はオリゴ糖を多く含む食材です。

特に食物繊維は日本人全般的に不足していますが、30代の女性に1日に必要な食物繊維は約18gでレタス5個分にもなりますので中々食べる事は難しいです。

例えば、野菜に熱を加えてカサを減らしたくさん食べるようにしたり、食パンを食物繊維が倍以上含まれているライ麦パンに変えたりして、少しづつ増やすようにして摂取するようにしましょう。

 

【関連記事】3年間朝食に豆乳だけ飲み続ける効果。こんな結果になりました!

 

夏に熱い飲み物は良い?悪い?

暑い夏は冷たい飲み物、食べ物をどうしても食べる機会が増えてしまいますが、温かい飲み物は腸の動きを活発化し、消化吸収を手助けしますので、食事の前に温かいお茶を少し飲むと腸が動きやすくなり、消化吸収を助けてくれます。

 

 

断食で腸を休めるのは良い?悪い?

腸はず~っと働きづめなので、一定期間休ませることは重要ですが、長期間の断食や、急激な断食は栄養素の吸収が悪くなるので、まずは「間食」「夜食」を食べている人は控える事で腸を休める事が出来ます。

慣れれば朝食を豆乳だけにしたり、昼食を抜いて1日1食で腸を休めて、腸内環境を改善する事も出来ますが、無理をしない様に注意が必要です。

食事はやっぱり「和食」中心の食生活が腸内環境にも良いと言われます。



 

民族による腸内環境パターン

食物によって左右される腸内環境は、食生活のパターンによって色んな環境になります。

米・野菜・魚中心の「スウェーデン、日本人タイプ」、肉・炭水化物中心の「欧米タイプ」、穀物中心の「アフリカ・南米タイプ」に分かれていて、魚や野菜中心の日本人タイプの腸にとっては肉料理が中心になると腸内環境のバランスが崩れやすくなります。

民族に根付いた食生活が一番良いのかもしれませんね。

 

【関連記事】LGBTとは?LGBTの割合と日本で起きている問題点と解決案

 


 

今はどこでも色んな国の料理を手軽に食べる事ができ、米を食べる機会が減っているのは確かです。

焼肉、ステーキ、ハンバーガーも美味しいですけど、和食中心の生活に戻す事で、腸内環境が改善され、便秘や下痢が治り健康的な生活が送れるなら、煮物、焼き魚と白飯が最高なのかもしれませんね。



 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

 

けんこう

Posted by mrt