熱中症や夏バテ防止にはフルーツを食べて乗り切る方法とは。

暑い夏は食欲も落ちますし、熱中症や夏バテに拍車がかかってしまいます。

暑い夏をフルーツを美味しく食べて乗り切ってみましょう。

【関連記事】夏と冬に多い怖い病気、脳梗塞。脳梗塞の原因・症状・対策方法とは?

【関連記事】3大夏風邪の手足口病は子供だけでなく大人も感染する病気です。予防と対処法を知っておきましょう。

 



 

 

フルーツの良い所

加熱せずに食べられるので栄養分や水分を逃さないのです。

夏は暑いので基礎代謝が下がってしまいますが、フルーツにはビタミンとかミネラルといった基礎代謝を上げてくれる栄養が豊富に含まれていますので、特に夏場にお勧めなのです。

夏バテ防止にお勧めなんですけど、フルーツは1年中色んなものを食べることが出来ますし、旅行に行っても朝食バイキングでフルーツを食べることが出来ますし、最近はコンビニでも美味しそうなフルーツが売っていますよね。

入手もしやすいし、何か1種類をひたすら食べるわけでは無いので、ストレスなく長く続けることが出来ます。



 

夏のお勧めフルーツ

夏にお勧めのフルーツは「スイカ」です。

スイカは水分が豊富なので脱水症状を防止できますし、「シトルリン」という血流が促進され、むくみ改善、疲労回復が期待できるアミノ酸が含まれていますので、夏バテ防止にはピッタリなフルーツです。

夏場はスーパーで安くて美味しそうなスイカが一杯売っていますので、コストパフォーマンスの観点からもスイカはお勧めですね。

 

スイカの食べ方

そのまま冷やして塩をパラパラっとかけてかぶりつくのも旨いんですけど、ちょっと手を加えると更に美味しく食べることが出来ます。

果汁は冷やすと甘みが増すので、種を取ったスイカをミキサーにかけ凍らせてシャーベットにすると甘くて美味しくなります。

スイカは赤い果実を食べて皮は捨ててしまっていると思いますが、実はスイカの赤い果実と、緑の皮の間の白い部分は浅漬けにしたり、味噌汁の具材にしたりと余すところなく食べることが出来るのがスイカの良い所です。



 

フルーツを食べるのに気になる事

フルーツの糖質

フルーツを食べると気になるのは糖分ですが、果物は80%程度が水分なのであまり気にしなくても大丈夫です。

自然の物は体にも優しいのです。調理も不要ですから体には良い事しかありませんね。

 

 

フルーツを食べるタイミング

朝御飯の前に食べるのがお勧めです。寝起きは体内の水分も汗で減っていますしので、フルーツの水分で補うことが出来ますし、空きっ腹でたべると血糖値が上がりにくいのです。

食事をとる前にサラダを食べる事もダイエット効果がありますので、フルーツとサラダを食べるのがお勧めですね。

 


夏バテ防止にお肉やニンニク!って人も多いと思いますが、フルーツも試してみてはどうでしょうか??

【関連記事】食中毒予防の原因・症状・予防・対処方法!危ない季節はいつ?

 



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

生活の知恵

Posted by mrt