年金問題が話題ですけど、自分が年金をいくらもらえるか知っていますか?

老後の事を考えながら、コツコツ貯金したり、年金を払ったり、資産運用したりしています。

年金は色々話題になる事も多く、2000万円足りないとか、給付年齢があがるとか、本当にもらえるのかとか政権によって内容が結構変わってしまうので心配です。

心配になるから貯蓄をする人が増え景気に影響を及ぼすとも言われていますが、一体自分は年金をどれぐらい貰う事が出来るのでしょうか。



 

 

年金は2階建て構造

年金は大きく分けると2種類あります。

20歳~60歳全ての人が払う「国民年金」と会社員や公務員が加入している「厚生年金」があります。

国民年金は学生や自営業の人、定年退職した後に職に就かなかったりと厚生年金を払っている人以外が支払う年金で、「基礎年金」と呼ばれています。

厚生年金とは国民年金に上乗せされる年金で、国民年金の金額に厚生年金の金額が加算されて受け取る事が出来ます。

保険料は通常、会社員として働いておけば、給料明細を見れば書いてあると思いますが、給料から天引きされていますので自分で支払いに行く必要はありません。



 

年金受給額の違い

国民年金や厚生年金と年金にも種類があり受給額も違いますが、結婚している場合も夫婦の働き方によっても受給額が大きく変わってきます。

 

夫婦共働きの場合の年金受給額

昔は専業主婦家庭が多かったのですが、最近は共働き家庭が多くこのパターンの人が多いと思います。

例えば夫の年収660万、妻の年収320万の家庭の場合、夫は厚生年金を約13万円、国民年金を約6万円で合計約19万円、妻は厚生年金を約6万円、国民年金を約6万円で合計12万円を毎月受給する事になります。

という事は、夫婦で合計31万円を毎月受給する事になりますので、普通の生活を送るには十分な金額を受給する事が出来ますから、そんなに老後を心配する程でも無いと思います。



 

 

妻が専業主婦の場合の年金受給額

夫が家計を支え妻が家庭を支えるパターンです。

先ほどと同じ様に夫の年収が660万ですが、妻は専業主婦で結婚、出産までは会社員として働いていた場合の年金受給額を見てみましょう。

夫は厚生年金を約13万円、国民年金を約6万円で合計約19万円、妻は結婚・出産まで厚生年金を払っていましたので約1万円、国民年金を約6万円で合計7万円を毎月受給する事になります。

夫婦で合計すると月26万円を受給する事ができますので、預貯金を合わせれば生活に困窮する程ではありませんので、あまり心配は無いと思います。

 

独立自営の場合の年金受給額

社会人経験を経て独立開業し自営業になったパターンで、夫が30歳まで会社員で退職し独立、妻も同様に30歳まで会社員で結婚を機に夫の仕事を手伝って自営業になった場合です。

夫婦共独立開業までは厚生年金を払っていましたので、各々約厚生年金を1万円、国民年金を約6万円で合計約7万円、夫婦で月約14万円を受給する事が出来ます。

このパターンでは夫婦で暮らすには月の受給額は足りないと思われますので、しっかりと貯蓄をしておかないと老後の生活が破綻する可能性があります。

 

 

国民年金を増やす方法

月の受給額が約6万円の国民年金ですが、これだけでは到底生活はできませんので増やす為に何か手を打たないといけません。

特に自営業の場合は「国民年金付加年金」「国民年金基金」がお勧めです。

国民年金付加年金は月々400円の保険料を300ヵ月(25年)合計金額12万円を払うと、毎年亡くなるまで6万円を受け取る事ができますので、2年受給すれば元が取れるお得な年金です。

国民年金基金は様々なタイプがあり所得にもよりますが、月々1万4千円程度25年の払い込みで120万円以上の節税になる物もあります。

他にもiDeCoや投資信託等の資産運用も検討するのが良いと思います。

 


 

こうやって見ると年金もしっかりと支払っておけば、老後の生活はあまり心配しなくても良い事がわかります。

少なくとも今の所は2,000万円も必要かどうか疑問ですし、ある程度の貯蓄があれば普通に生活が出来そうです。

この先年金制度がどうなるか不安ですからやっぱり貯金もしておかないと不安ですね・・・・

 

【関連記事】知っていますか2040年問題?8050問題とか色んな問題多すぎですね・・・

【関連記事】老後の資産運用は元気なうちに家族信託しておきましょう。

【関連記事】老後資金は本当は2,000万円も不要かも?本当に必要な老後資金はいくらでしょう!?



 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

生活の知恵

Posted by mrt