台風・豪雨・地震などの災害発生時に人・ペットの災害対策方法!

近年局地的豪雨や台風で水害、災害が増えているように思えます。

今まで災害に合った事のない地域でも、甚大な被害が起こる可能性もあり、出来る範囲で事前に対策をしておく必要があります。

どんな事に注意して準備をしたら良いのでしょうか。

【関連記事】大雨・台風の時の命を守る行動とは?。自宅や車が水没する前に対策しておこう!

【関連記事】今すぐ誰でも出来る地震対策!地震の予知はできませんから、対策しておきましょう。



 

災害に備える基礎知識と対策

梅雨時、台風シーズン、秋雨等1年の半分は豪雨の可能性があるシーズンになります。

まずは災害にどう備えるか知識と対策方法を紹介します。



 

豪雨時は低地・河川の流域傾斜地で被害が甚大化

自分の今住んでいる生活圏が河川の流域でしかも過去に洪水被害に合ったことのある地域では、再度災害発生の可能性が高いと考えられます。

自治体のハザードマップなどで、避難場所・避難経路を事前に確認して、家族で共有しておく必要があります。

テレビ・ラジオ・ネットの情報を確認ですが、特にネットの情報は発信元をしっかり確認しておかないとデマの可能性もあります。

避難しなくても問題が無かったとしても、早めに避難しておくことが大切です。



 

台風・巨大低気圧で発生する強風被害

最近の天気予報は精度・確度が非常に高く情報も頻繁に更新されています。

台風の暴風圏内入る半日前には進行するコースが確認できますから、暴風圏が迫る前日には庭やベランダの荷物を室内に入れておく等対策をして、避難が必要な場合は半日前には避難しておきましょう。

田畑や河川・港の様子が気になり屋外に出歩いて被害に合うケースが非常に多いので暴風域が近づいている時は絶対に行かないようにしましょう。

見に行ったところで出来る事は何もありませんので、自分の身を守る様にしましょう。

 

ハザードマップを利用する

ハザードマップは地域の災害のリスクの大小を示すものですから、危機回避に有効に利用すれば災害を抑える事が出来ます。

豪雨による洪水被害が予想される場合はより安全な場所へ避難経路を確かめ、道路が冠水して避難が困難になる前により安全な場所へ移動する事が大切です。

夜間の移動は危険ですから、日中に避難できるように動く事も大切です。

 

 

災害後の避難生活に備える

洪水や地震で住居や生活圏に大きな被害が発生すると、その後長い避難生活を強いられることがあります。

その際に必要な物はどの様な物なのでしょう?



 

避難生活で二次被害に合わない為に

避難所などの狭い空間に多くの人が生活するようになると、すぐに感染症が蔓延します。

他にもエコノミークラス症候群や誤嚥性肺炎なども発生しやすいので、朝晩のストレッチや軽い運動、歯磨きはしっかりとしておきましょう。

又、ストレスも非常に溜まりやすい状況なので、免疫力も低下しますので、食中毒などにも注意が必要で、消毒用のアルコールを使用したウェットティッシュを準備しておきましょう。

特に車内避難はエコノミークラス症候群の危険度が増すので同じ姿勢を取らないよう、軽い運動、水分補給をしっかりとしておきましょう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「カウコレ」プレミアム 純水99%ウェットティシュ大判タイプ 30枚×36
価格:5793円(税込、送料無料) (2019/9/6時点)

楽天で購入

 

 



 

断水・停電・ガス供給停止の復旧までの過ごし方

阪神大震災の時に非常に困ったのが、ライフラインの停止です。

電気が付かないのでテレビからの情報は入ってこない、、冷蔵庫の冷凍食品は解けて、水が出なくてトイレも行けない、お腹が減ってもガスが無ければ料理も出来ない、寒くても暖房が使えない・・・

本当に不自由な状況になってしまいます。

給水が始まるまでの備蓄は必要ですが、節水する為には食器にラップを敷いて食器洗いに使う水を減らす、介護用のウェットティッシュを用意しておいて、風呂に入れなくてもそれで体をふくとかで、節水する事も大切です。

停電に備えて、懐中電灯以外にもランタンを用意し、カセットコンロも災害時には非常に便利ですのでガスボンベも忘れず用意しておきましょう。

忘れがちなのが「電池」です。電池が無いと懐中電灯も使えませんので、余分に買っておくのが良いです。

もちろん非常食は必須ですから、これらの災害対策用品をひとまとめにしてリュックに入れておいておくのがお勧めです。

 

 

 

ペットの為の災害対策

基本的に避難所はペットの持ち込みは禁止されています。

又、配給される食糧・水等をペットに与えると周りの人達とトラブルになる事もありますので、ペット用の食糧や水は備蓄しておき、それを与えるようにする必要があります。

避難時は通常時は問題無い些細な事でも、ストレスから大きな問題になる事も多いのです。

事前に預け先等々を検討しておいた方が良いですね。

ペットは飼い主から見ると我が子の様に思えるかもしれませんが、みんあがペット好きとは限りませんし、アレルギーを持っている人もいますから、災害時は普段より周りに気を使う事が求められます。

 


 

自宅だけでは無く、出張先や旅行先でも災害に合う可能性がありますから、地震は予期できませんが、台風や豪雨はかなりの確率で正確な情報を得る事が出来ます。

まずは自分の身を守るように事前にしっかり準備しておきましょう。

 



 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

生活の知恵

Posted by mrt