消費税10%増税後の飲食料品に適用される軽減税率とは?

2019年10月から消費税が8%から10%に引き上げられます。

今回の増税で初めて「軽減税率」が導入されることになっていますが、何となくわかっているけど、詳しくはわからないのがこの「軽減税率」です。

軽減税率とは一体何なのでしょうか。



 

 

軽減税率とは

軽減税率とは酒類を除く飲食料品や宅配、週2回以上発行されり定期購読の新聞は税率を10%ではなくて、今まで通りの8%に据え置く軽減税率が適用されます。

食品の場合は持ち帰ると8%の軽減税率が適用されますが、店内のイートインコーナー(最近はコンビニでもありますね)で食べると外食とみなされて税率は10%になります。

色んな場面が想定されますので、都度確認しておいた方が良いですね。



 

 

飲食料品が軽減税率の対象になる理由

飲食料品は生活必需品ですから、どんな人でも絶対に買う物ですし、必要な物です。

所得の高い人からすれば2%の増税は、収入から見た支払い増は生活が困窮する程ではありませんが、低所得者からすると2%の増税は重くのしかかってきます。

この飲食料品に適用される軽減税率は、低所得者の負担を軽減する狙いなのです。

それなら増税しなければ良いと思うのは自分だけ??



 

 

イートインでお弁当は軽減税率?

イートインで買ったお弁当を食べる場合は軽減税率が適用されるのでしょうか?

この場合は支払いをする時に、店内で食べる事を申告する事になり、例えば遊園地内の売店で買って食べる場合は、売店が管理するテーブルで食べる場合は10%、食べ歩きの場合は8%になります。

「家で食べようと思って買ったけどやっぱり店内で食べよ」ってなった場合は、支払い時の申告になりますので支払いの時までに決めておけば大丈夫です。

なんか面倒ですね。こんな事なら飲食料品はすべて8%にすればよいのでは??

色んなシーンが想定されますし、判断難しくないですか??お祭りの出店とか、プールの売店とか、自販機とかどうなるんでしょうか???



 

 

同じ商品なのに税率が違う?!

持って帰る場合と店内で食べる場合で同じ物でも税率が違うのは、買う方も売る方も混乱してしまいます。

こういった混乱を防ぐために、牛丼チェーン「松屋」、外食チェーン「サイゼリア」、ケンタッキーは一部商品を持ち帰りと店内飲食とを同じ価格にする予定になっています。

今後も同様に同一価格にする企業が増えていくと思います。

 


結局中途半端な取り決めで、軽減税率を導入する事で、買う人、売る人が混乱し余計に経費が掛かってしまうのに、誰の為に何の為に増税や軽減税率を導入するのかよくわかりません。

増税が必要ならすればよいと思いますが、みんながわかりやすくスムーズに導入できる制度が必要ですよね。

 

【関連記事】消費増税10%はいつから?消費税10%になる前に買う物、後に買う物。得する買い時はいつ?



 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

時事記事

Posted by mrt