神戸から長崎・ハウステンボスへお得に旅行するお勧めルート・スポット紹介します。

2019年10月5日

神戸からだと車で旅行なら範囲は近畿地方・中国地方・東海地方ぐらいが多いですが、それ以外にも行ってみたい所がたくさん。

今回は神戸から長崎の1泊2日旅行にお得に行けて、時間を有効活用できる行ってみて良かったと思ったルートをご紹介したいと思います。



 

長崎旅行の行先

色々観光スポットはありますが、時間の都合もありますし、満喫したいのもありますので、「ハウステンボス」と「長崎駅周辺」に絞ってみました。

初日に「ハウステンボス」で遊んで、周辺ホテルに宿泊して、次の日に長崎駅周辺観光、神戸へ戻るスケジュールです。

 



 

 

神戸から長崎の移動手段

新幹線・電車で「ハウステンボス」に行く事は可能ですが、新神戸駅からハウステンボス駅まで時間は約4時間も掛かって、金額は17,000円以上・・・

午前中に着こうと思ったら朝6時ぐらいの新幹線に乗らないと間に合いません。

お勧めは飛行機「スカイマーク」での移動です。

 

神戸から長崎のスカイマーク運賃

せっかくの旅行ですからAM着が良いですよね。

曜日によって金額の違いはありますが、9:25着の「いま得」ならなんと5,400円!で神戸空港から長崎空港まで行けちゃいます。

電車で行くより10,000円以上安く済みます。

 

長崎空港から神戸空港ですが、長崎を満喫した最終便で帰ったとしても、スカイマークなら6,700円で済みますので、電車より10,000円ぐらいは安く移動が出来ます。

神戸空港と長崎空港の移動往復で13,000円ぐらいで済んでしまうんですね~。

電車の片道料金以下で往復できてしまいます。

 

【関連記事】スカイマークはスマホで簡単予約!いま得・たす得・予約変更の方法。

 

 

長崎空港からハウステンボス移動は?

電車でも行くことは出来ますが、圧倒的にバスが良いです。

空港からは1時間弱でハウステンボスの入り口まで移動が可能で、料金も1,250円(子供630円)で、チケットは空港に着いたら一旦外に出たら、チケット売り場がありますのでそこでチケット購入します。

バス乗り場は②で9:25分着のスカイマークで長崎空港に行けば、10:00長崎空港発10:59ハウステンボス着のバスに乗ることが出来ます。

 

【関連記事】バスの時刻表はコチラ

 

チケット買ったらバス発車時刻までちょっとだけ時間があるので、お土産を見る時間が少しありますが、お土産は帰りにゆっくり見るのをお勧めします。



 

ハウステンボス旅行の宿泊施設

ハウステンボスに行く時の宿泊施設ですが、ハウステンボス内の直営ホテルと、ハウステンボス周辺のホテルとどちらかに泊まる事になります。

ハウステンボス内直営ホテルは敷地内にあって、遊びながらホテルに帰ったりできますが、値段が結構高いんですよね・・・

そこでお勧めは「ホテル日航ハウステンボス」です。

直営ホテルよりは安いですけど、ハウステンボスと直結していてハウステンボス敷地内からホテルに行くことが出来ますし、直営ホテルより安いけど、部屋は綺麗で大浴場もあって、プランによりますが、朝食付きのプランにしておけば、美味しくて種類も結構豊富な朝食バイキングを満喫できます。

 



 

 

ハウステンボスから長崎市内お勧め移動手段は?

ハウステンボスから長崎駅までの移動はバスもあるんですが、時間が合わないので電車で移動がお勧めです。

まぁ時間や予定にもよりますが、今回の1泊2日旅行の場合は電車が良いです。

長崎駅前を観光しながら、ランチしたりするにはベストな時間帯ですよね!

ホテルの朝食は6:45~なので、ちょっと早起きして朝御飯を満喫して9:39の電車に乗れば11:00前には長崎駅前に到着!

ちなみに諫早で乗り換えしなくでも長崎駅前には行けますが、プラス15分掛かります。

特急かもめは別途特急料金310円かかりますが、15分早く着くのと、シートも特急なのでちょっとリッチですし特急料金払う価値ありなのでせっかくの旅行ですから特急料金払って特急かもめに乗るのがお勧めです。

ただ諫早での乗り換え時間があまりないので、諫早には3番乗り場に着きますので、すぐに1番乗りばへダッシュが必要です!!

 

 

長崎駅周辺のお勧めスポット

長崎駅周辺のお勧め観光スポットは「長崎新地中華街」「出島」「グラバー園」「大浦天主堂」などは駅の南側エリアに集中していますので、観光ルートにはぴったりです。

中華街でランチをして、観光スポットをみて、お土産を買ったり満喫できるエリアです。

長崎駅からは徒歩では少し遠いので路面電車で移動するのが便利です。

路面電車は1回どこからどこまで乗っても130円(子供70円)、後払いで後ろ側から乗って、前側のドアから降りるときに料金を支払います。

「大浦天主堂駅」から「長崎駅」へ戻る時は「新地中華街駅」で乗り換えが必要ですが、「新地中華街駅」で路面電車を降りる時に乗り継ぎ券をもらう事が出来ます。

路面電車は一度降りてしまうと、再度130円を払う必要がありますが、乗り継ぎ券があれば乗り継いだ先で130円は不要です。

Suica等のICカードは使えませんの硬貨を用意しておくか、降りる前に両替しておく必要があります。

時間があって、路面電車をもっと使いたい人は一日乗車券500円(子供250円)が長崎駅等で購入できますので、これを買うのがお得ですね。

詳しくは⇒長崎電気軌道株式会社 公式Webサイト



 

 

長崎駅から長崎空港への移動手段は?

長崎空港から神戸空港の最終便が17:25発なので15:30~16:00前に着けば、空港で土産を見たりラウンジでのんびりしたりできます。

長崎駅から歩道橋を渡ればバスターミナルがありますので、バスで移動すれば空港まで楽々移動出来て料金は1,000円です。

バスの時間は14:55発なら15:39着、15:15分発なら15:59着と空港まで1時間弱で、乗り換えも不要ですから、断然バスがお勧めです。

長崎空港のラウンジは「手荷物検査場」通過前の2Fにありますので、あんまり時間ギリギリまでまったりしていると、手荷物検査の渋滞に巻き込まれて、焦る事になりますので、早めに出て手荷物検査をして搭乗口で待つようにしましょう。



 

 

神戸から長崎、交通費はいくら?

神戸から長崎旅行で、初日「ハウステンボスに午前着」。次の日「長崎駅午前着」とした場合の交通費ですが、電車で行く場合と、スカイマークを利用した場合を比較してみると・・・

 

新幹線・電車で神戸から長崎旅行した交通費

・新神戸駅~ハウステンボス駅(6:13発⇒10:32着:4時間19分)17,310円(自由席)

・ハウステンボス駅~長崎駅(9:39発⇒10:50着)1,810円(自由席)

・長崎駅~新神戸駅(15:20発⇒19:52着)17,260円(自由席)

・合計36,380円

 

スカイマークで神戸から長崎旅行した交通費

・神戸空港~ハウステンボス駅(8:15発⇒10:59着)6,650円

・ハウステンボス駅~長崎駅(9:39発⇒10:50着)1,810円(自由席)

・長崎駅~神戸空港(14:55発⇒18:30着)7,400円

・合計9,210円

※スカイマークは日程、プランによって金額が異なります。

 

新幹線とスカイマークの運賃集計比較

新幹線利用は36,380円、スカイマーク利用は9,210円で差額は27,170円!!

ホテル代捻出出来るぐらいの差額と移動時間の短縮もできるので、神戸から長崎旅行に行くならスカイマークを利用した移動が断然お勧めです。

家族旅行で4人で行く場合は交通費だけで10万円以上安く、楽に移動できますので、家族旅行ならホテル代、食事代も捻出出来てしまいます。

遠出は新幹線のイメージが強いですが、飛行機をうまく利用すればお安く遠い所へ旅行する事も出来ます。

 


実際神戸から長崎旅行するのに、このスカイマークを利用した移動をしましたが、体も楽ですし、値段も安くて長崎を満喫する事が出来ました。

神戸から長崎旅行を検討している方、ぜひぜひ参考にしてみてください。



 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村