秋の花粉症にも注意が必要です。秋なのに鼻がムズムズしたら花粉症を疑ってみよう

2019年10月18日

春になるとスギ・ヒノキの花粉が猛威を振るい、花粉症にはつらい季節。

実は秋にも色んな草花から花粉が飛散し、花粉アレルギーの人はくしゃみ、鼻水に悩まされる事になります。

春も秋も花粉症で辛い思いをしていますので、秋の花粉症とは一体どんな物か調べてみました。



 

秋と春の花粉症の違い

秋の花粉症の原因となる花粉は「ブタクサ」といった雑草系になり、春の花粉症の原因は「スギ・ヒノキ」といった樹木系の花粉が原因となります。

春は樹木系の花粉なので飛散する距離が長く、広い範囲に飛散するので多くの人が花粉症の症状に悩まされる事になります。

秋は雑草の花粉なので飛散する距離は短く、雑草が多く生えている公園や川の土手の様な所を避けておけば、花粉症を発症する可能性は低くなります。



 

秋の花粉症の対策

飛散距離は短いのですが、雑草系の花粉は花粉のサイズが大きいので大気汚染物(黄砂・pm2,5)などによって、花粉が砕かれ小さくなる為、舞いやすく吸い込みやすくなってしまいます。

春の花粉症と同じように、マスクをして吸い込まない様に対策をしておくことが必要です。



 

口腔アレルギー症候群にも注意

果物の種類によっては食べると喉がかゆくなったり、イガイガする事があります。

これは食物アレルギーの可能性もありますが、花粉症が原因になっている事もあります。

例えばブタクサ等のキク科の花粉症を持っている人ならメロン・スイカ・きゅうりの様な「ウリ科」の果物や野菜を食べた時に症状が出る事があります。

ヨモギの花粉症を持っている人ならニンジン・セロリのようなせり科の野菜を食べた時に症状が出たりします。

 

口腔アレルギー発症の原因

口腔アレルギー症候群の場合、果物や野菜に含まれている成分がアレルギー反応を起こす花粉と成分が似ているので、それらを食べると体が花粉が入ってきたと勘違いしてアレルギー反応を起こすのです。

こんな症状に心当たりがある人は、アレルギー科のある病院で検査をしてもらう事をお勧めします。

検査は血液検査をすれば1週間程度で結果が出ます。


 

くしゃみ・鼻水が出るという事は、体に何か影響を起こす事が起きているという事です。

風邪・花粉症・アレルギー性鼻炎等々色んな原因が考えられますので、まずは病院へ行く事が症状軽減になりますので専門医に診てもらいましょう!

【関連記事】花粉症の人なら知って得する花粉症に打ち勝つ対策方法と症状。

【関連記事】エピペンを知って正しく使えば、アナフィラキシーショックから救う事が出来ます。

 



 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

アレルギー

Posted by mrt