パワーポイントでPOPや飲食店向けメニューを作ってみよう。【サンプル画像あり】

プレゼン資料に使うパワーポイントですが、使い方によっては色んな事に活用出ます。

飲み会の案内状、会社案内、製品紹介カタログ、POP、メニュー・・・・

色んな物を作った事がありますが、今回は店頭で良く使うPOPと飲食店のメニューサンプルを作ってみましたので、どんな組み合わせで構成されているのかを説明したいと思います。

 

 

ランチメニューをパワーポイントで作ろう

まず最初にパワーポイントでランチメニューを作ってみようと思います。

 

メニューの素材を集めよう

 

まずはどんなキーワードをメニューに記載するかを考えます。

今回はランチメニューを作りますので、タイトルは「お勧めランチメニュー」、注記として「平日限定」「時間」「対象外の日」を記載する必要があります。

後はおすすめメニューの写真を撮影したら、素材集め完了です。

画像の黒い四角はパワーポイントの「図形」から作成しておきましょう。

後は色やフォントデザイン、写真の配置・大きさを色々調整して完成です。

 

 

ランチメニューっぽくなっていますよね?!

それぞれの写真にメニュー名、価格、お勧めポイントなんかを付け加えても良いですし、裏面に文字で書いておいても良いかと思います。

デザイン・色合いは好みもありますし、もっとセンスの良い人が作ればより魅力的なメニューが出来ると思います。



 

 

店頭POPをパワーポイントで作ってみよう

センスある人ならペンや鉛筆、黒板にチョークで描いたりと凄いPOPを見る事もありますが、私の様な凡人はツールを使わなければ人前に出せるものが作れません。

 

店頭POPのキーワードを抽出

店頭で良く使われるうたい文句をPOP風に作ってみましょう。

 

 

店頭POP サンプル①

 

「SALE○○%OFF」のようなPOPは店頭でよく見ますよね?

これもパワーポイントで作る事が出来ます。

メニューと同じように素材を集めますが、今回のサンプルはパワーポイントの図形と文字を使用して、フォントサイズや図形の色を変えて、それぞれの図形を重ねて完成です。

 

店頭POP サンプル②

これは文字一行と図形1個で構成されています。

文字は大きさと色を変えて、斜めにし影を付けるとそれっぽく仕上がりますし、図形も「効果の面取り」をしただけのお手軽仕様です。

図形の色と文字の色を変えると季節感が出たり、もっとインパクトの出るPOPが出来ると思います。

 

店頭POP サンプル③

店頭で一番使用される事が多い価格のPOPです。

これも図形と文字の組み合わせで簡単にパワーポイントで作る事ができます。

図形や文字に角度をつける事でインパクトを持たせて、価格のフォントサイズはかなり大きめにして、赤色で主張させていますので、店頭でも目立つ事間違いなしです。

商品名を価格の上か赤塗箇所に記載しておくと更に目立ちますよね。

 

店頭POP サンプル④

消費税が10%に上がりましたので、税込みPOPの需要も増えていると思います。

税込み表記もパワーポイントで作る事が出来ます。

これも文字と図形の組み合わせで簡単に作れますが、「税込」の文字はワードアートで強調する事で、インパクトを持たせています。

色をオレンジにしていますが、店頭の売り場によって色を変え、例えば野菜売り場なら緑系にするとかアレンジをすれば色んな売り場で使う事が出来ますね。

 


 

今回のサンプルはデザインはイマイチと思われる方も多々いるとは思いますが、今回はデザインでは無く、パワーポイントの図形や文字、写真を組み合わせると色んな物が出来る事を紹介していますので、あくまで参考に・・・・

【関連記事】パワーポイントで会社案内を作ってみよう。【サンプルイメージ有り】

【関連記事】「伝わるパワポの資料」を中間管理職が効率よく作る5つのポイント。

【関連記事】営業資料に役立つパワーポイントの使い方。〜初級編〜

【関連記事】営業用資料の見栄えが変わるパワーポイントの使い方~応用編~

 



 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

 

パソコン

Posted by mrt