中年太りにダイエットは必須ですが、無理をすると摂食障害の危険も。

お腹周りのお肉が中年になると気になりますし、あまり太りすぎると病気になったり、日常生活に支障が出たりしますので、食事制限や運動をして、ダイエットが必要になってきます。

太っているより、痩せている方が服も綺麗に着こなせますし、見た目も若々しくなりますので、中年になると誰もがダイエットに取り組んだり、興味を持ったりすると思います。

何事もそうですが、やりすぎは体によくありませんし、下手すると命の危険も。

特に食事制限は摂食障害になる事もあるので注意が必要です。

自分自身も中年太りの解消もあって、現在1日1食にしていますので、この摂食障害には気を付けています。

 

摂食障害とは

摂食障害は食行動の異常で「過食症」「拒食症」の2種類があります。

拒食は神経性やせ症と言われ、過食は神経性過食症と言われて、どちらかと言うと体には問題が無くて、心理的な事が絡んで摂食障害になる事が多いのです。

神経性やせ症と神経性過食症は表裏一体で、痩せたい一心で食事を我慢し食べてしまったら履いたり下剤を飲んで体外に排出しますが、ある時は大量に食べてしまったりを、繰り返して摂食障害になってしまうのです。

男女比率は1:20で女性の方が圧倒的に多いのも摂食障害の特徴です。

1980年頃は3,000人程度だった患者数が、現在は26,000人もいると言われています。

⇒済生会の摂食障害の解説

 

摂食障害になりやすい年代

摂食障害は元々「思春期型やせ症」と言われていて12~15歳ぐらいから発症する事が多かったようですが、最近は年齢層も広がってきて、小学生から40代まで幅広い層で発症しています。

社会人になると仕事が出来たり能力が高いだけではなく、見た目も細身の方が良い、小学生の間でも痩せている=キレイと思い込んでいます。

女性は見た目を気にする事が男性よりも多いので、摂食障害になる年齢層も幅広いのです。

 

摂食障害になる人の特徴・傾向

誰が見ても痩せているのに「自分はまだ太っている」と思い「痩せないと」と考えてしまう。

周りに痩せているのに「私、太っている」って言っている人いませんか??摂食障害になる可能性がありますから、注意が必要です。

体重が減っていく事に達成感を覚えてしまい、体重が減る事がモチベーションとなってしまい、摂食障害になるのです。

アスリートの女性にも多く、痩せる事でタイムや成績が良くなる事があり、それが目標となり極度のダイエットをしてしまう事で摂食障害になる事もありますが、アスリートは痩せすぎると筋力が落ちるので、結果は必ず悪くなります。

最近はSNSを中心に雑誌やメディアで細いスタイルの人を目にする機会も増えた事も、患者が増加している原因です。

きっかけは色々ですが、目標を高く持って、まじめな性格な人が陥りやすいのです。


 

拒食・過食が及ぼす影響

消化器系の粘膜が萎縮し、拒食状態から抜け出そうと食べるようになっても、下痢になったりと上手く栄養が吸収されなくなり体内のエネルギーが無くなり、体調不良になります。

免疫が低下し感染症にかかりやすくなったり、心拍数が低下して目まいや息切れを起こしたり、拒食が長期にわたると骨粗しょう症になってしまい、骨がスカスカになってしまいます。

逆に過食症になると太ってしまうイメージがありますが、食べるだけ食べていると太ってしまいますが、過食症の場合大量に食べてしまった後、吐いたり、下剤で無理やり出そうとするので必ずしも太っているわけではありません。

下剤で無理やりだしたり、嘔吐を繰り返すとカリウムが失われ不整脈で死に至る事もあります。

 

摂食障害の治療

スタイルへのこだわりを緩和する等の「心理療法」もありますが、大切なのは、正しく食事から三大栄養素をバランスよく摂る事です。

 

三大栄養素とは

肉・魚・卵などの「タンパク質」、白米・パン・イモ類などの「糖質(炭水化物)」、バター・油などの「脂質」を三大栄養素と呼んでいます。

最近はテレビやメディア等々で糖質が太る原因と言われ、白米、パン等の炭水化物を食べない人が増えていますが、糖質を取らないと、肝臓でグリコーゲンが作られなくなり集中力が落ちたりもします。

脳のエネルギーは糖質だけなので、糖質が無いと脳が上手く働かないのです。

 

摂食障害にならない食事の注意点

ダイエットの大敵と言われている糖質ですが、1日100g以上は必要です。100gは茶碗2杯分ぐらいの白米なので、3食の内2回は白米などの炭水化物を食べる必要があります。

また、食事の間隔ですが6~8時間以上は間隔を取らない様にして、出来るだけ朝食は食べるようにしましょう。

朝食を抜いて、昼食を食べると一気に血糖値が上がり太ってしまう可能性もあります。

 


気にしすぎる性格の人もいますので、不用意に外見の事は言わない事、極端なダイエットは必ず失敗します。

太り過ぎは体によく有りませんが、自分の体調や性格を考慮して、ダイエットに取り組みましょう。

中年太り解消の為、1日1食実践中ですが、朝食を豆乳に切り替えて3年で体を慣らしてから、昼食を抜いて取り組んでいますが無理な時は間食したりしていますし、晩飯、休日はしっかり食べたりと徐々に取り組んでいますから、今の所減量には成功しています。

 

【関連記事】朝食は豆乳だけ。中年太りが1日1食ダイエットを3ヵ月続けた結果発表!

【関連記事】朝食は豆乳。一日一食を半年続けたらこんな結果になりました。

【関連記事】朝食は豆乳だけ1日1食で痩せる!運動不要・お金も貯まる・簡単ダイエット方法。



 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

 

ダイエット

Posted by mrt