疲れた・休みたい・逃げ出したいと思う中間管理職のストレスの原因と対処方法。

仕事を続けて20年以上も経つと、会社ではある程度のポジションについて、結婚して子供がいて、夢のマイホームを手に入れて順調に社会人生活を過ごしている人、不景気で収入が増えず苦しい生活をしている人・・・

中小企業で中間管理職の自分も「疲れた」「休みたい」「逃げ出したい」って思う事はしょっちゅうあって、そのストレスの原因実践している対策方法をまとめてみました。



 

人間関係のストレス

仕事でのストレスは1番はやはり人間関係でしょう。

上司・部下・同僚・取引先と仕事をすると色んな人と接する事があり、人それぞれ性格も違えば、考え方も違いますからみんなと上手く過ごすのは絶対に無理なのですが、それでも、仕事を円滑に進めるためには、無理してでも関係を築かなければならないのでストレスが半端ないのです。

これを「無」にするのは仕事を辞めるしかありませんが、生活が出来なくなりますからそんなことはできませんが、少しでも軽減するには、距離感をしっかり保つ事でかなりストレスが軽減されます。

世話になっている会社の上司、一緒に頑張っている同僚、協力してくれたお客さん・・・こんな人達とはついついお付き合いの距離感が近くなってしまいがちですが、こういう人達にこそ距離感を保つ事が重要です。

お世話になっている人や仲の良い人と接している時はストレスが無いと思われがちですが、人は他人と一緒に居る時は意外とストレスが掛かりますし、その人の全てが良いと思っているわけでは無く、付き合いが長く深くなれば嫌な所も必ず見えてきます。

結局、上手く関係が築けない人、無理を言ってくるお客さんとは距離を保っているので、ストレスは一時的ですが、お世話になっている人とは接する時間も多いのでストレスが掛かる量が多くなってしまいます。

親友だと思っていた人や恋人なんかは一度関係が壊れると二度と元に戻らないのは、距離が近いので相手の良いとこ、悪い所が見えすぎてストレスが溜まり、あんなに仲良かったのに・・・ってことになります。

なので仲が良くても悪くても、ストレス無く長く人間関係を続けたいと思うなら、しっかりと距離感を持って付き合う事が一番の対策方法です。



 

情報過多によるストレス

今は何か知りたい事があればスマホを使って調べれば、大概の事はすぐに情報を得る事ができますが、その情報も本当なのかをしっかり調べて裏付けが必要です。

調べていくと逆の情報があったり、似たような情報、何が本当の事なのか不安になったり、嘘の情報を信じてしまい騙されたり、失敗したり、ネットニュース記事には辛辣、否定的、嫌味、ネットで得た情報を知ったかの様なコメントが溢れ、ネットニュースやTwitterのネタをテレビでどこの局も同じ事を放送したり。

テレビ・ネットで芸能人や有名人がコメントや意見を言えば、品行方正、常識が~とクレームを付け、炎上させたりしているのを見ると、人間の嫌な面を見せつけられて嫌になります。

色んな意見・表現があって当然ですし、それを否定する事は全く無意味で、文句や否定をするなら自分の意見、主張、代替案を出すべきです。

情報が入手しやすくなってメリットは多いのは事実ですが、それと引き換えに失った物やストレスがあるのもこれもまた事実だと思います。

この対策は「必要以上にネット等のデーター、情報にアクセスしない」「コメント欄を見ない」「ネットの匿名性を無くす」こんな方法しか無いのかもしれません。

 

家庭のストレス

これはもう他人同士が一緒に生活しているので仕方がありません。

本当は仕事で疲れて帰る癒しの場所になって欲しいのですが、上手くいく時期もあれば、喧嘩して空気の悪い時もありますから、ストレスの原因になってしまう事もあります。

これも人間関係と同じで距離感を保つ事が必要です。

【詳しい対処方法は】嫁にイライラした時に夫婦喧嘩にならない為の対処方法

 


 

ストレスは適度なら、自己成長には必要なものですが、過多になると仕事や生活に支障が出てしまいます。

うまくストレスと付き合って、無理のない生活を送りたいですね。



 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

生活の知恵

Posted by mrt