都会生活の人が憧れる、のんびり田舎生活の良い所・悪い所

「引退したら田舎でのんびり暮らしたい!」ってよく聞きますが、田舎も都会もそれぞれ良い所・悪い所があります。

転勤・転職で色々な土地・都市で生活してきて、現在田舎で暮らす中間管理職が、田舎生活の良い所・悪い所を纏めてみました。

【関連記事】働き方改革で転勤は断れる?転勤のメリット・デメリット。

 



 

田舎生活の良い所・悪い所

都会暮らしの人が憧れる「田舎暮らし」ですが、実際に生活すると色んなメリット・デメリットが見えてきます。

現実の田舎生活は、想像しているようなのんびり田舎暮らしなのでしょうか??

 

衣食住の良い所・悪い所

生活の基盤となる「衣食住」ですが、「住」に関しては田舎の最大メリットだと思います。

田舎になると土地を持っている世帯が多いので、100坪以上の土地が敷地の家もざらで、都心部では手に入らないひろ~い土地が手に入ります。

当然、一戸建てが多く、庭で家庭菜園をしたり、洗車をしたり、子供とキャッチボールをしたり、BBQしたり・・・と想像する楽しそうな事は一通りできます。

土地の広さに余裕がありますので、来客時の駐車場にも困りませんし、自宅もコンクリートで整地したいのですが、無駄に広い為、結構費用が掛かるので、雑草が生えるのを防止する為に砂利敷いています。

土地持ちで無くても、坪単価は安いので同じ金額を払うなら、より広い土地を買う事が可能で、同じぐらいの建坪の一戸建てなら、都心部に土地を買う費用で田舎なら土地・建物まで買うことが出来ますし、固定資産税も安いので維持費も安く済みます。

ただ全く知り合いの居ない田舎に住むのはお勧めできません。色んな昔からのルールや人付き合いを知らないと不都合が多いので、親戚や友人、嫁・旦那の地元なら田舎暮らしをしやすいと思います。

調整区域になっているエリアも多いので注意が必要です。

調整地区とは?

 

「衣・食」に関してはデメリットが多く、流行りの、お洒落な物を手に入れるのは困難で、スーパーに行ってもありきたりのベーシックな物しか手に入らないので食卓にはベタな料理が並ぶことになります。

飲食店も当然少ないので、飲みに行くのも不便ですし、選択肢が少ないので外食するワクワク感はあまりありませんが、自分が住んでいる所だけかもしれませんが、なぜか喫茶店が多いので、モーニング・ランチは喫茶店で食べる事が多い気がします。

当然、ピザの宅配はエリア外ですし、21時を過ぎれば周りはほぼ寝静まっています。



 

子育ての良い所・悪い所

田舎の一戸建てに住めば、子供が騒ごうが夜泣きしようが、家と家の距離が離れていますし、隣が親戚だったり、幼馴染だったりしますから大きな揉め事になる可能性が低いのです。(親しき中にも礼儀ありですから常識の範囲ですが)

両親・兄弟が近くに住んでいれば、急な子供のお迎えや、面倒を見てもらえますし、意外と共働き世帯には田舎暮らしの方が適していると思います。

近所の人も気軽に声掛けしてくれたり、遊び相手になってくれたりしますから、色んな年代の人達とのコミュニケーション力も上がりますし、犯罪に巻き込まれる確率を下げてくれます。

子供の友達も親同士が知り合いだったり、親戚だったりするのでイジメや喧嘩があってもすぐに伝わるので大きな問題になる前に解決出来る事も多いです。

 

デメリットは子供の人数が圧倒的に少ないので、保育園・幼稚園から中学校卒業までず~っと同じメンバーの学年も多いので、同世代のコミュニケーション力の低下、友達の人数が少ない、競争力の低下などが心配材料です。

習い事も都心部に比べると種類が少ないですが、スイミング・公文・そろばん等々ベーシックな物は通える範囲にある地域も多いので問題ないと思います。

子供の人数が少ないので、子供会やPTAといった役に当たる可能性は非常に高く、昔からの行事ごと、祭り・掃除・草刈り・見回り・・・などなども多いので休日に駆り出される事もあります。

【関連記事】PTA、子供会、究極のハラスメントでは?先生も親も不要な仕事が増えるだけ。

 

仕事の良い所・悪い所

田舎暮らしをするにも、収入が必要ですから仕事が必要です。

地元の人は兼業農家や自営業、市役所・JAで働いている人が多くそこに転職するのは至難の業なので、今の職場で働いたまま田舎暮らしをしようとすると、通勤時間を費やすしかありません。。

自分の場合、車で通勤片道15分から片道1時間半、帰りは行きより渋滞が少ないので往復2時間半かかっていますので、通勤時間はプラス2時間に大幅増加です。

ネット関連ビジネスで生活できている人なんかは、通勤は不要なので田舎暮らしの為の収入源としてはピッタリです。

家が遠いから早めに仕事を切り上げて帰るようになりましたので、効率よく働けていますし、遠くなった方が家に帰る時間が早くなったような気もします。

まぁ現役中はしんどいですが、引退して通勤が無くなれな田舎暮らしを満喫できますからあまり気にはしていません。

 

休日に関する良い所・悪い所

休日に食料品の買い出しとかは近所のスーパーで済ませれば、周辺は渋滞はしませんしストレスフリーです。

田舎生活は山に近い場所が多いので、スキーやキャンプ・昆虫採集なんかは移動時間も少ない近場にありますから、子育てするには絶好のロケーションです。

普通の生活するには何の不便もありませんが、おしゃれな服や美味しい物を食べに行ったり、飲みに行ったりする時は非常に不便です。

必ず車が必要になりますから、一人一台が基本ですし、飲み会に行くと公共交通機関で帰宅は不可能ですから、ビジネスホテルに泊まるか、お酒を飲まず車で帰宅するしかありません。

電車旅行なんかも駅まで車で行って駐車場に停めるので、電車賃+駐車場代が必要になります。

元気なうちは車で移動できますから何とかなりますが、年老いて車の運転が出来なくなると、病院や食品の買い出しが出来なくなるので、車の運転が出来なくなった時は、都心部の便利な地域に移動した方が良いかもしれませんね。

田舎暮らしの一番のデメリットは公共交通機関が無いのと、都心部へのアクセスが不便な所ですね。



 

田舎生活はお勧めなのか?

田舎生活と言っても田舎のレベルも色々ありますが、個人的にはある程度の田舎生活の方がトータル的にリラックスして生活できるのではないかと思います。

性格やライフスタイルにもよりますが、一番良い所は田舎になればなる程、仕事とプライベートの気持ちの切り替えが出来ます。

近所で会社関係の人と出会う事は皆無ですし、家庭菜園したり、子供と騒いだり、大きめの音量で映画を観たり、庭でBBQしたり、星空も綺麗ですし、都会に住むと出来なかったり、お金がかかってしまう事も、「タダ」でできてしまいますし、毎週リフレッシュできます。

都心部に住んでいる時は、夜遅くまでバスは頻繁にありますし、電車も数分おき、少し待てばタクシーもつかまる、旨い店も一杯あって、おしゃれな服も買えて、満喫していましたが、田舎暮らしは不便といえば不便ですが「住めば都」で良い所の方が多い気がします。

機会があれば田舎暮らしを検討してみては如何でしょうか~~!!



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村