ロボットシステムインテグレーター(S/Ier)ってどんな仕事?収入は良いのでしょうか?

2020年1月25日

人手不足で倒産する会社が増えて、大企業でも人を集めるのに苦労しているので注目を浴びているのが産業ロボット。

大企業になれば産業用ロボットを扱えるエンジニアチームがあるので自社でプログラムしたりライン投入ができますが、そんな企業はごくわずか。

生産ラインへ産業ロボットを導入・立ち上げしているのは「ロボットシステムインテグレーター(S/Ier)」と呼ばれる企業で、色んな企業が自動化・ロボットの導入を急速に進めている現在、引く手数多で成長企業となっています。

就職・転職するなら成長企業ですが、「ロボットシステムインテグレーター(S/Ier)」の仕事をとはどんな内容でどんな資格が必要なのでしょうか。



 

ロボットシステムインテグレーターの仕事

ロボットシステムインテグレーターという企業では、1つの案件に対して、様々な職種の色んなスキルを持った人が関わる事でシステムが完成します。

会社によって役割分担や、部署は異なりますが、業務内容によってそれぞれの役割、必要なスキル資格があります。

ロボットシステムインテグレーターに就職しようと思えば、それぞれの業務をこなせるスキルがあれば良いという事です。

 

S/Ierの営業業務

どんな会社でも仕事を取ってくる営業業務が必要で、ロボットシステムインテグレーターも同じです。

会社によっては、技術者が兼任している事もありますが、今回は切り分けておきます。

営業担当を目指すのに特に資格は必要ありませんから、営業の募集があれば企業の募集要項に沿えば誰でも就職する事が出来ます。

営業の必要なスキルとして、ロボットでどんな作業を自動化できるか、おおよその費用、導入までの流れ等々を、お客様に説明できないと営業活動が出来ませんから、ロボットの事だけではなく周辺の装置や金額等々、ロボットシステムの説明~導入までを知っておかないと営業する事が出来ません。

又、お客様の担当のスキルも大きく差があり、ロボットは何でも出来るって思っている様な素人さんから、バリバリの生産技術のエンジニアだったりもしますから、エンジニアとある程度対等に話せる知識も必要です。

同じものを作って売るわけでは無く、お客様の要望に沿った俗に言う「一品物」になりますから、毎回理解する為に技術的な知識を得たり、他の営業と同様に、コミュニケーション力も必要ですし、社内・社外の調整スキルも必要です。

こんな事は学校や専門学校で教えてくれるわけではありませんから、スタートの打ち合わせ~導入までのプロセスを何度も経験しながら覚えていくしかありませんので数年は修行の身になりますね。

【関連記事】営業職の仕事は未経験でも大丈夫!営業職とはこんな仕事です。


 

S/Ierの設計業務

0から物作りをしますから、他の生産設備の開発・製造と同様に設計業務は必須です。

設計業務は「機械設計」というハード部分の設計業務と「制御設計」というソフト設計に大きく分かれていて、どちらも専門学校や、学部で基礎を学んでいなかったり、経験者で無ければ就職するのは難しく募集要項にも明記されている事が多いです。

ソフト設計はPLCのラダー図を組む業務と、ロボットプログラムを作る業務、後は制御盤・配線のハード設計がありますが、プログラム関係のスキルは就職してから実践的な事を学びますが、基礎を学んでいないと就職する事が出来ません。

機械設計も基礎知識が無いと就職は出来ませんが、ちゃんと設計できる様になる為にはやはり、実務をしながらスキルを身に付けなければ、システムインテグレーター企業で活躍する事は出来ません。

ハード設計とソフト設計は部署が分かれている事が多く、どちらも兼任している事は稀ですから、「機械設計担当」「制御設計担当」「ロボットプログラム担当」の様に、担当が分けられていますからどれかのスキルがあれば携わる事ができます。

【関連記事】制御設計を目指すなら。仕事内容、年収、待遇、就職率は?

【関連記事】ロボット(産業用)のプログラマーを職業にする為にはどうすればよいでしょう。

 

S/Ierのモノつくり業務

営業が仕事を取ってきて設計者が図面・ソフト作ったあとに、実際にモノつくりをするには設計した加工部品を作り、メーカー品を購入し組み立てる必要があります。

物の手配は調達する部署が担当しますので、調達部門は設計者から出てきた図面はどこの業者に手配すればコスト・品質を加味して納期遵守で手配しなければ、全体の工程に影響しますから重要な役割を担っています。

調達業務も教えてくれる学校や専門学校もありませんから、実務経験を積んでスキル習得となりますが、システムインテグレーターによっては、社内他部署のスキルアップを兼ねてローテーションしている事もありますから、調達部門として募集している事は少ないと思います。

次に手配した物を組み立てる組立業務ですが、組立業務に就くための資格は特にありませんが、玉掛・フォークリフト・半田等々の資格が必要な場合はあります。

会社によって違いはありますが、組立業務の中には調整作業や現地搬入・据付、クレーム対応を含む場合もあります。


 

ロボットシステムインテグレーターの収入

企業規模によって収入は変わってしまいますが、基本的に技術職ですからそれ相応の収入になるので、就職先としては良いと思いますが、システムインテグレーター企業は中小企業が多いので格差はあると思います。

中小企業が多いので、技術職で就職したら自分の担当範囲以外の業務にかかわる事も多いので、様々なスキルを習得する事が出来ますから、将来独立を考えているなら中小企業のシステムインテグレーター企業に就職しスキルを身に付けて、機械設計かソフト設計で独立する事も可能です。

業界は需要がどんどん増えているので、意外と安定企業が多いのも事実です。

 


 

システムインテグレーター企業の仕事は技術職がメインなので、理系の学校卒でなければ就職・転職は難しいですが、これからどんな学部に進もうか悩んでいるなら、理系の学部を目指すと将来の就職先の選択肢が増える事は間違いありません。

営業職なら転職できる可能性があるかもしれませんので、調べてみては如何でしょうか。

【関連記事】ロボットに仕事を奪われると言われていますが、業界の実態は・・・



 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

 

業界

Posted by mrt